ZOOMミーティングURLの発行方法

この記事では、ZOOMのミーティングURLの発行方法についてご案内します。

この記事を見て参考になる人

  • ZOOMを使ってセッションやセミナーを開きたい人
  • オンラインセミナーやセッションのサポートをしている人
  • 自分のビジネスのオンライン化を検討している人
  • ZOOMミーティングURLを今すぐ発行したい人

 

ZOOM ミーティングURLとは?

ZOOMミーティングURLとは「オンライン上の会議室へアクセスできるURL」のことです。会議室の鍵、という捉え方もできますね。

ZOOMオンライン会議室システムの特徴はざっくりいうと

  • どこでも接続できる
  • スマホ・PCどちらでも接続できる
  • 「ビデオ」「音声」「画面共有」ができる
  • 1対1だけでなく1対多数でも接続できる

ということ。その接続に使うURLがミーティングURLと言われるものです。

どんな種類があるの?

ZOOMのミーティングURLは大きく2種類に分かれます。

  • 使い捨てのURL
  • 使いまわせるURL

使い捨てのURL

こちらは1度使ったら使えなくなるURLのことです。

日付・時間・接続時間をしていすると、その時間しか使えなくなります。

このURLの使いどころとしては、

  • 一度きりのセッション
  • 複数人数で開催するセミナー

に向いています。

使いまわせるURL

こちらは1度発行したら、何度でも使えるURLのことです。

これは、

  • 定期的に開催するセッション
  • 社内でのMTG
  • 日時が未定の不定期ではじまるセッション

などに向いています。

使い捨てミーティングURLの発行方法

まずは、使い捨てミーティングURLの発行方法です。

スマホアプリ・デスクトップ版アプリなどでも発行できますが、今回はブラウザでアクセスすればだれでも発行できる「ブラウザ版」での発行方法です。

ログイン後「ミーティングをスケジュールする」をクリックし、下記を参考に入力してみてください。

「保存」を押すと次のような画面が出てきますので、

「参加用URL」と書かれたURLをコピーして、セッションしたい相手に共有すれば完了です。

使いまわせるミーティングURLの作り方

続いて、使いまわしができるミーティングURLの作り方をご紹介します。

使いまわしのミーティングURLには「パーソナルミーティングID」もありますが今回は使いません。

それでは、実際の作成方法です。

ログイン後「ミーティングをスケジュールする」をクリックし、下記を参考に入力してみてください。

「保存」をクリックすると下記のような画面になります。

この「参加者用URL」を接続したい相手にシェアしてください。

接続前には必ずテストを

ZOOMに接続する前には、必ず「接続テストをする」ことをお勧めしています。

オンラインでの接続にはトラブルもつきものです。慣れれば便利ですが、はじめは丁寧にテストして当日スムーズなセッションができるように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です